HATS HATS推進会議

デモンストレーション展示 > CEATEC JAPAN 2016 HATSコンファレンス報告


CEATEC JAPAN 2016 HATSコンファレンス報告


HATSカンファレンス報告
日 時 10月5日(水) 13:00〜14:00
会 場 幕張メッセ国際会議場1階 104会議室
  講演内容等<CI-3>

 情報通信技術の進歩は大変急激に進んできており、多くの機器やサービスが提供されている。
健全な情報通信市場の発展のためには、製品レベルの標準に基づく接続性の確保が重要な課題である。
HATSはこれらのベンダ/キャリアの各種情報通信機器間での相互接続を確認する活動に1988年より取り組んできており、本講演ではHATS活動の概要と最近のTOPIC(10G-EPON、FAX等)について報告した。


通信機器の相互接続性確保に向けて
−HATS総論:高度通信システム相互接続推進会議(HATS)の活動−
PDF

<講師> HATS実施推進部会長
高呂 賢治氏(沖電気工業(株))

IP電話網におけるファクシミリ通信の現状PDF

<講師> HATS推進会議 ファクシミリ相互接続試験実施連絡会 主査
藤井 秀樹 氏(富士ゼロックスアドバンストテクノロジー(株))

光アクセスシステムの技術動向と相互接続試験の取り組み
−仮想化を用いた光アクセス技術の動向と10G級光アクセス相互接続試験―
PDF

<講師> HATS推進会議 光アクセス相互接続試験実施連絡会 主査
鈴木 謙一 氏(日本電信電話(株)NTTアクセスサービスシステム研究所)

参加者数 一 般 37名/ 講師・関係者 5名/ 合計 42名
【会場写真】
高呂賢治氏の写真
実施推進部会長 高呂 賢治 氏
   
藤井秀樹氏の写真
ファクシミリ相互接続試験実施連絡会
主査 藤井 秀樹 氏

鈴木謙一の写真
光アクセス相互接続試験実施連絡会
主査 鈴木 謙一 氏

全体写真
全体写真

Copyright © HATS Conference All Right Reserved